fbpx

【第三話】マーケティング弱者でもできる「売れる仕組み」の作り方

 

 

 

マーケティング弱者でもできる「売れる仕組み」の作り方とは?

今回の第三話では「マーケティングワークBOOK」の第二章【マーケティング設計ワークシート】を使って一貫性ある導線を作る方法についてお伝えします!

【商品設計ワークシート】に沿って、あなたの「たった1人の顧客である”ペルソナ”」が決まり、自信を持って販売できる「じぶんビジネス」が完成したら、次はいよいよ売り上げを作るためのマーケティングを仕掛けていきます。

マーケティングと横文字で言ってもカンタンにできるように、マーケティング弱者の起業法ではワークシートを埋めれば「一貫性がある導線」を作ることができるようにしてるので、世界一カンタンなマーケティング攻略法です!

マーケティングって何?

そもそもマーケティングって何?をとても簡単に言うと。

「あなたの商品を欲しいと思う人に上手に届ける仕組みを作ること」です。

「マーケティング」と言うのは”総称”みたいなものだから、解釈や説明の仕方も人によって違うので、マーケティングってわかるようで意味がわからない。と言う方も多いと思います。

なので、まずはこのマーケティングと言う横文字をざっくり理解するとこから始めましょ。

飲食店で食事する時を思い出してみてください

そもそも「じぶんビジネス」でお金を稼げるようになるには、
何をすればいいのか?の前提から見ていくと、、、

例えばあなたが、

❶お腹減ったな〜と思って飲食店を探し
❷ここいいじゃん♫と見つけた(知る)お店に入ります
❸メニュー見て、どれが食べたいかを選んで(検討)
❹店員さんに注文(購入)をして、食べる。

こんな感じの流れって、超日常的に無意識でやってると思うんですよ。
これが「お客さん側の目線や行動」ですよね。

で、お店側はどうか?というと、

❶お店を見つけてもらえるように「宣伝」をして、
❷「メニュー(商品)を提示」して、
❸オーダーをうけて、商品を「販売」する。

という流れですよね。

この流れについては、オンライン完結の「じぶんビジネス」でも、あなたが日常使っているお店でも、流れは何も変わりません。

このように売り上げが上がる前には、
お客さん側とお店側のそれぞれの「行動」があるわけです。

そして、その行動に合わせて「見つけてもらう・欲しくなる」ために「事前に仕掛けを作る」ことで「あなたの商品を欲しいと思う人に上手に届ける仕組みを作る」ことが出来るのがマーケティングです。

売上を上げるには何をすればいいの?

では、あなたがじぶんビジネスを作って>販売して>売り上げを作るためには、具体的に何をすればいいのか?について解説していきます。

まず、オンラインでビジネスをするなら、必ず知っておいてほしいマーケティング用語があります。

それが、ダイレクトレスポンスマーケティング。通称DRMと言う手法です。

ダイレクトレスポンスマーケティングとは「認知>教育>販売」の流れに沿ってセールスすることで「あなたの商品が欲しい」と言う人が集まり、自然と売れていく。というものです。

 

とは言っても、これも特に難しい話ではなく、先ほどのお客さんとお店の動きを見ればカンタンです。

先ほどの例でお客さん側の動きに沿って
お店側は「宣伝>提示>販売」という3つの動きを取る。ということを説明しましたよね。

ダイレクトレスポンスマーケティングは、それに沿って「仕掛け」を作るだけなんです。

仕掛けというのは、

・認知:どうやって認知を広めるのか?
・教育:どうやってその商品の知識を高めて欲しい!を引き出すか
・販売:どうやってお客さんから買いたい!を引き出すか

これら3つを考えて作る。ということです。

仕掛けとは?

では、ここまでで「マーケティングとは何なのか?」と「ダイレクトレスポンスマーケティングとは何なのか?」についてカンタンに理解ができてきたと思いますので、

ここからは、その上で、マーケティング弱者の起業法では、どのように「仕掛け」を作るのか?についてお伝えしますね!

まず、認知>教育>販売の3つのステップそれぞれで使うツールを紹介すると、、、

認知:SNS
教育:LINE>LP>教育資料
販売:プレゼン資料(台本)

以上の5つを順番に作っていきます。

でも、これらを自己流で作っちゃってる人や、1つ1つを別々に学んで自分で組み立てる人は「一貫性」が作れないから売れないんです。

今や現代人が1日に受け取る情報量は平安時代の一生分!と言われるほどですから、一貫性がないと「この人から学ぶと何が得られるのかがよくわからないな」と思われてしまい、お客さんが来てくれない。売れない。となってしまうんです。

じゃあ、ビジネス初心者の人はどうやってこの一貫性を作ればいいのか?

それが【マーケティング設計ワークシート】です。

これは、それぞれを作る前の『設計シート』となっていて、戦略だとか、設計とかよくわからない!苦手!という方でも、ビジネス初心者でそもそも何をどうやって戦略立てればいいのかすらわからない!という方でも出来るように、1ページづつ書き込むだけで「あなただけのマーケティングの設計が完成する」という魔法のようなワークシートになってます!

これ、ヤバくないですか?

マジで、起業当初の私がこれ手に入れてたらめちゃくちゃ助かっただろうなー!と思うほど、超わかりやすいし、誰でもできるワークシートです!

さらに、これを手に入れることで、マーケティングの設計が描けるだけでなく、それぞれを作るためのガイドブックが全て用意されてるので、ガイドブック見ながらSNS発信するだけであなたの理想のお客さんが集まる情報発信ができるようになるし、

ガイドブック見ながらLINE構築するだけで、あなたの商品に興味があるお客さんが毎月集まるようになるし、ガイドブック見ながらLPを書き上げるだけで、初めてのセールスライティングでも自動的に集客が入るページが完成する。

ガイドブック見ながら販売資料を作るだけで、売り込まなくてもお客さんから「欲しい!」と言ってもらえるようになります。

 

また、パソコンの使い方や操作に不安がある方でも操作方法まで用意してるので、安心して取り組んでいただける、まさに、至れり尽くせりのガイドブックです。笑

さらには、わからないところがある場合
私のコンサル生には”私が直接サポート”をしてるので、

・いつでも質問できるあなた専用のサポートチャットも用意しますし
・ZOOMでミーティングも制限なくできますし
・定期的にグルコンや作業会などで

いつでも・制限なく質問やサポートを受けられる環境を提供してます。

 

ここまでが、第三話のテーマでお伝えした
マーケティング弱者でもできる「売れる仕組み」の作り方となります。

SNS総フォロワー数1万人以下のビジネス初心者でも
「マーケティングワークBOOK」を使うことで、
一貫性のある導線が作れますし、

世界中どこに住んでいても
仕組み化によって、あなたから学びたい!と言うファンが自動的に増えて、
売り上げが入ってきます。

これが手に入ったら、、、と想像するだけでワクワクしますよね^^

 

まとめ

さて、いかがだったでしょうか?

「マーケティングワークBOOK」の第二章【マーケティング設計ワークシート】を使って一貫性ある導線を作る方法についてお伝えしてきました。

ここまでで、じぶんビジネス(商品)が完成し、SNS集客でファンを作ることができ、継続するほど安定した収益が手に入る仕組みの作り方が手に入るということです^^

そして、そのための道のりは全てワークシートを埋めれば「一貫性がある導線」を作ることができる。世界一カンタンなマーケティング攻略法ということです!

ここまででビジネスの全体像から、
マーケティングワークBOOKの1章と2章について解説してきました。

いかがでしょうか?

この《無料動画講座》がスタートした当初は「マーケティングって何?」というのがよくわからなかった方でも、

マーケティングとは「お客さんが迷わないようSNSからの道を作り、あなたの商品が売れるように魅力を伝える」ということが理解できてきたと思います。

そして、マーケティングワークBOOKには、その道を作る手順が全て詰まっているということです^^

あなたもここからスタートしてみませんか?

 

 

セミナーでお会いできること楽しみにしてます。

それでは、今日も後悔しない選択を。

 

 

アントレプレナー
マインドセット

1日1通、起業家の成功マインドをインストールします(購読は無料です)

スパムはしません!詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。